銀歯(金属)にしたくない奥歯の治療

奥歯を銀歯にしたくない

奥歯を銀歯にしたくない「奥歯が虫歯になって被せ物が必要だけど銀歯は避けたい…」
奥歯の被せ物治療をする際、多くの方が感じることです。
以前は、保険適用で奥歯を治療する場合には、金属の被せ物を選択するしかありませんでした。しかしその後、CAD/CAM冠という白い被せ物の治療が一部保険適用となり、現在はよりその範囲が拡大されています。
費用面においては、自由診療よりも低価格ではありますが、もちろんデメリットもありますので、治療法も含めてしっかりとご説明させていただきます。

保険で奥歯を白い歯にする治療法

コンポジットレジン充填(CR充填)

歯を削った部分に、コンポジットレジン(歯科用プラスチック)を詰める方法です。
コンポジットレジンは白い材料ですので、目立ちにくく仕上がります。金属アレルギーの心配もありません。
一方で、強度の面では他の材料と比べると高くはありません。また、セラミックよりも着色しやすくなります。

CAD/CAM冠(きゃどきゃむかん)

セラミックとレジンを混合したハイブリッドセラミックの被せ物です。CAD/CAMの技術を応用して、ブロックから削り出して作製します。
セラミックとレジンの、ちょうど中間に位置するような性質を持ちます。セラミックほどではありませんが、天然歯に近い白さが再現されます。また、金属アレルギーの心配がない点、適度な摩耗性によって噛み合う歯を傷つけない点も大きな特徴です。

奥歯の白い差し歯(かぶせ物)の保険適用条件について

保険が適用されるのは、前歯から第二小臼歯(前歯から数えて5番目の歯)までのすべての歯、条件(※)付きで第一大臼歯(6番目の歯)と第二大臼歯(7番目の歯)です。

※第一大臼歯、第二大臼歯のCAD/CAM冠の保険適用の条件

なお、金属アレルギーの診断を受けている場合には、上記の条件を満たす必要はなくなります。

保険の白い歯のデメリット・注意点

奥歯の治療に最適なのはセラミック治療

奥歯の治療に最適なのはセラミック治療CAD/CAM冠、コンポジットレジン充填などで奥歯を保険適用で、白い材料で治療ができることをお分かりいただけましたでしょうか。
ただ、やはり審美面、機能面、そしてお口の健康という面でも、セラミックほど優れているわけではありません。これらはあくまで、セラミック治療が難しい場合に行う治療法です。
CAD/CAM冠やコンポジットレジン充填のデメリットをしっかりと解消できるセラミック治療を検討したい方はこちらをご覧ください。

現在、銀歯の奥歯もセラミックに交換できます

現在、銀歯の奥歯もセラミックに交換できますすでに使用されている銀歯が気になるという方も、一度ご相談ください。
セラミックの詰め物・被せ物への交換が可能です。

奥歯の銀歯と金属アレルギーについて

奥歯の銀歯と金属アレルギーについて金属の中でも、金属アレルギーを起こしやすいものと、起こしにくいものがあります。金属アレルギーのリスクが低い金属としては、チタンが有名です。インプラントにも使用されており、長期にわたって低リスクが保たれます。
一方で、特に金属アレルギーのリスクが高いのが「アマルガム」という金属です。欧米では早くから使用が禁止されていますが、日本国内では1970~80年代にかけてごく一般的に奥歯の詰め物として使用されました。お心当たりのある方は、一度歯科医院で調べてもらうことをおすすめします。お口の中を拝見するだけで、アマルガムかどうかはすぐに判断できます。

金銀パラジウム合金など、口腔内に金属を使用する以上は、金属アレルギーのリスクが発生します。皮膚の湿疹、粘膜の異常、頭痛、めまいなどがあり、原因が分からないという場合には、口腔内に使用している金属が原因になっていることがありますので、お早目にご相談ください。

一番上に戻る
電話でのお問い合わせTEL.0561-61-6474電話でのお問い合わせTEL.0561-61-647424時間受付中WEB予約フォームWEB予約 お問い合わせフォーム 料金表料金表