歯と歯茎の境目が黒い(茶色)

歯と歯茎の境目が黒ずんでいる・茶色い

歯と歯茎の境目が黒ずんでいる・茶色い歯と歯茎の境目の黒ずみが気になるということはありませんか?
原因はさまざま考えられますが、治療が必要となるケースも少なくありません。
気づいたときには、お早目にご相談ください。

正常な歯茎のセルフチェック

正常な歯茎は、以下のような特徴があります。歯茎も歯と同じように、ときどき鏡で健康状態をチェックしてあげてください。

薄いピンク色をしている

健康な歯茎は、全体的に薄いピンク色をしています。
真っ赤であったり、紫っぽかったりというときには要注意です。

ハリがある

健康な歯茎は、引き締まりハリがあります。
ブヨブヨしていたり、痩せていたりということがある場合には、歯周病などの口腔トラブルが疑われます。

出血がない

歯茎は通常、歯磨きをした程度では出血しません。
特に思い当たる原因がないのに出血がある場合には、歯周病などの口腔トラブルが疑われます。

ステップリングがある

歯の根元に近い歯茎には、健康であれば、ごくごく小さな凹凸が見られます。これをステップリングと言います。
ステップリングがない場合には、歯周病の可能性があります。

歯茎が黒い原因

詰め物・被せ物からの金属の溶け出し

詰め物・被せ物に使用された金属は、唾液にさらされることで溶け出し、歯茎を黒ずませることがあります。

血の混じった歯石

通常、歯石は白っぽいものですが、歯周病などによって出血がある場合には、血が混じって黒っぽい歯石がこびりつくことがあります。

歯周病

歯周病が進行すると、歯茎が紫っぽくなり、黒ずんで見えることがあります。

神経が死んでいる・除去した

打撲などで歯の神経が死んだり、根管治療で神経を除去した場合、その歯が変色することがあります。
その変色が歯の根元にまで及ぶと、境目が黒ずんだように見えます。

喫煙

メラニンの沈着の促進、血流の悪化によって、歯茎が黒っぽくなります。

子どもの歯と歯茎の境目が黒くなっている場合

子どもの歯と歯茎の境目が黒くなっている場合永久歯への生え替わりの際には、歯茎の中で血管が破れます。その影響で歯茎が部分的に黒ずんで見えることがあります。
血管が修復されることで黒ずみも解消されますので、ご安心ください。

歯茎の黒ずみの治療法

金属を使わないセラミック治療に替える

金属を使わないセラミック治療に替える金属の溶け出しが原因である場合に有効です。
金属の詰め物・被せ物を、セラミックに交換します。その後、徐々に黒ずみは改善していきます。

歯茎の漂白

歯茎の漂白喫煙、歯周病などが原因である場合に有効です。
レーザーや薬液によって、歯茎を漂白します。

虫歯の治療

虫歯の治療虫歯で歯茎との境目が黒ずんだ場合に有効です。
歯を削りますので、黒ずみが解消されます。

歯科医院でクリーニングを受ける

歯科医院でクリーニングを受ける歯石が原因である場合に有効です。
専用の道具を用いて、こびりついた歯石を取り除きます。

一番上に戻る
電話でのお問い合わせTEL.0561-61-6474電話でのお問い合わせTEL.0561-61-647424時間受付中WEB予約フォームWEB予約 お問い合わせフォーム 料金表料金表