3才 からの口腔機能育成(Vキッズ)

子どもの歯並び・顎の成長の問題が増えています

子どもの歯並び・顎の成長の問題が増えていますお子様のお口の健康において、虫歯は減少している一方で、歯並びの乱れは増加傾向にあると言われています。
これには、顎の発達やお口まわりの筋肉の発達が不十分であることが大きく関係しています。口がポカンと開いている、口呼吸の癖がある、偏食傾向があるというお子様は、早いうちから適切に対応することで、将来的な歯並びの乱れを予防することが大切です。
さつきデンタルクリニックでは、小児矯正より前の時期から始められる、マウスピース型の口腔機能育成装置「Vキッズ」を使用した小児口腔育成治療を行っております。

口呼吸は百害あって一利なし

口呼吸には、以下のようなさまざまなデメリットが伴います。これらのリスクをできるだけ小さくし、お口・身体の健康を守るためにも、口呼吸の改善は重要なものとなります。

  • 唇や頬の筋肉による外圧が不足し、歯並びの乱れを引き起こすことがある
  • 唾液の量が減るため虫歯になりやすい
  • ウイルスなどの侵入が容易になり、風邪をひきやすい
  • 睡眠の質を低下させ、身体の発育に悪影響を及ぼす
  • 酸素を取り込む量が減り、集中力が低下する

口呼吸・偏食・お口ポカンは「口腔機能発達不全症」かもしれません

心身の障害などがないにもかかわらず、食べる・話す機能が十分に発達していない状態を「口腔機能発達不全症」と言います。
口呼吸、偏食(食べやすいものばかり食べる)、お口がポカンと開いているなどのご様子が見られる場合には、口腔機能発達不全症に該当する可能性があり、専門的な治療が必要となります。

このような症状はありませんか?

このような症状はありませんか?

  • テレビを見ているときなど、しばしば口がポカンと開いている
  • 口呼吸の癖がある、口臭が強い
  • 偏食の傾向がある、食べやすいものばかり好む
  • 食べ物を飲み込むようにして食べる
  • しっかりと眠れていない様子がある、朝なかなか起きられない
  • いびきをかいている、歯ぎしりをしている
  • 発音が実年齢より幼くきこえる
  • 歯並びが気になる
  • 上下の前歯のあいだに舌を押し付ける癖がある

マウスピース「Vキッズ」による小児口腔育成治療

マウスピース「Vキッズ」による小児口腔育成治療

さつきデンタルクリニックでは、主に3~5歳のお子様が対象となる、マウスピース型の口腔機能育成装置「Vキッズ」を使用した小児口腔育成治療を行っております。
就寝時に下の歯に装着し、噛んだときの高さを出すことで、お口の育成に大切なさまざまな効果が期待できます。

Vキッズの特徴

Vキッズの特徴Vキッズは、矯正装置ではありません。歯を移動させたり、顎を広げるのではなく、お子様の「噛む力」を利用して、本来の適正な成長を引き出すための装置です。
装着時間は就寝中のみですので、お子様のご負担もほとんどありません。

期待できる効果

口腔内を広くして、呼吸を楽にする

下の歯にVキッズを装着することで、噛んだときの高さが出て、口腔内が広くなります。
呼吸がしやすくなり、舌を適切な位置へと誘導します。

適度な負荷をかけ、顎の成長を促す

顎に適度な負荷をかけ、その適切な成長を促します。

歯並びの乱れの予防

顎の成長の促進、口呼吸の改善により、歯並びの乱れの予防につながります。

心身の成長にもつながる

正しく噛むことができれば、話す・食べるという機能の正常化が期待できます。コミュニケーション能力や身体の成長にもつながる治療です。

Vキッズ治療の流れ

カウンセリング

1カウンセリング

お子様の症状をお伺いし、Vキッズについて詳しくご説明します。
おおよその治療期間も、このときにお伝えできます。

各種検査・型取り

2各種検査・型取り

顔貌の撮影、口腔内撮影、レントゲン検査、型取りなどを行います。

診断

3診断

検査や型取りの結果に応じて、治療計画を立案します。

治療開始

4治療開始

装着時間は就寝中のみですが、治療期間はお子様によって異なります。

Vキッズ治療の費用

税込価格です。

Vキッズ(診断料込) 110,000円

お支払い方法について

現金、銀行振り込み、または以下クレジットカードでのお支払いに対応しております。

クレジットカード

一番上に戻る
電話でのお問い合わせTEL.0561-61-6474電話でのお問い合わせTEL.0561-61-647424時間受付中WEB予約フォームWEB予約 お問い合わせフォーム 料金表料金表