部分矯正・前歯(すきっ歯・隙間)を矯正したい

前歯の歯並びだけ治療する部分矯正

前歯の歯並びだけ治療する部分矯正前歯の歯並びのみに対する矯正治療を部分矯正といいます。最近は、プチ矯正と呼ばれることもあるようですね。
前歯は、奥歯と比べると歯の根の形がシンプルで、動かしやすい歯です。そのため、部分矯正で前歯だけを治療する場合には、全顎矯正と比べて治療期間が短くなり、費用も抑えられます。
全顎矯正よりも適応の範囲は狭くなるものの、適応となる方にとっては、非常にメリットの大きな矯正方法です。

部分矯正はこのような方におすすめです

部分矯正はこのような方におすすめです

  • 前歯だけ歯並びが気になる方
  • 短期間で前歯の矯正治療をしたい方
  • 前歯だけを治して費用を抑えたい方
  • 以前受けた矯正治療の後戻りがある方
  • 結婚式や成人式など、大切な記念日までに前歯をきれいにしたい方

前歯だけの部分矯正のメリット・デメリット

メリット

治療期間が短い・痛みが少ない

前歯は奥歯より歯の根の形がシンプルで動かしやすいため、全顎矯正と比べると治療期間が短くなります。
また同様の理由により、痛みも少なくなります。

費用が抑えられる

治療期間が短く、装置も前歯だけに取り付けるため、費用が抑えられます。

目立ちにくい

装置が小さいため、目立ちにくくなります。
当院では、透明のブラケットやワイヤーもご用意しております。インビザラインGoであれば、さらに目立ちにくくなります。

歯を抜く可能性が小さい

全顎矯正と比べると、抜歯してスペースを作るケースは少なくなります。

デメリット

全体の仕上がりは全額矯正より劣る

すべての歯を動かす全顎矯正と比べると、全体の仕上がりの美しさはやや劣ります。

噛み合わせの改善はできない

奥歯を動かさないため、噛み合わせは改善できません。

歯を薄く削りスペースを作る必要がある

エナメル質を薄く削ってスペースを作った場合、稀に、知覚過敏の症状が出ることがあります。

部分矯正で対応可能な症例

八重歯・ガチャ歯の矯正

犬歯が1本だけ外側にある八重歯、歯列がデコボコしているガチャ歯は、部分矯正の適応となります。
エナメル質を薄く削るなどしてスペースをつくり、歯を動かします。

すきっ歯(前歯に隙間がある)の矯正

歯と歯のあいだに隙間がある状態です。
その隙間に向けて歯を動かし、改善します。

前歯が1本だけねじれて生えている

捻転歯と呼ばれる歯並びの乱れです。
スペースが不足している場合には、エナメル質を薄く削って捻じれ・歯並びを改善します。

前歯が少し出ている

いわゆる出っ歯の状態です。
歯の傾きを正すことで改善します。重度の出っ歯の場合は、適応外になることが多くなります。

前歯が大きい

歯の大きさには個人差があり、その大きさに応じたスペースがない場合には、歯並びが乱れることがあります。
エナメル質を削ってスペースをつくり、歯を動かします。

前歯だけの部分矯正でもマウスピース矯正が可能

前歯だけの部分矯正でもマウスピース矯正が可能一般的に「部分矯正」と言う場合には、ワイヤーとブラケットを用いた矯正治療を指します。
ただ近年ではマウスピースを使った部分矯正も普及してきており、当院でも「インビザラインGo」というシステムを導入し、患者さまに提供しております。
インビザラインGoで動かす歯は、上下の小臼歯を含めた前歯20本です。スタンダードなインビザラインと同様に、薄く透明なマウスピースを使用するため、ほとんど目立ちません。お手入れもしやすく、着脱式のため歯磨きや食事の際のストレスもありません。
より快適な部分矯正として、ぜひ一度ご検討ください。

一番上に戻る
電話でのお問い合わせTEL.0561-61-6474電話でのお問い合わせTEL.0561-61-647424時間受付中WEB予約フォームWEB予約 お問い合わせフォーム 料金表料金表